せいが書房   SEIGABOOK    青娥書房  


青娥書房

profile


せいが書房の正式名は、「青娥書房」と書きます。青娥とは若い美人のことを言います。中国の古代伝説で、月に住むという美女の名前になぞらえたものです。哲学者であり、詩人で随筆家の串田孫一先生が名付け親です。

種を明かせば、創業者の姓が加清(かせい)といい、加と清をひっくり返して、「か」を「が」にして「せいが」の出来あがり。難しい漢字ですが、どんな時代にも、うつくしいもの、みめよいものにあやかりたいという願 いがこめられています。

創業は1970年、昭和45年。

日本石仏協会発行の季刊誌『日本の石仏』の発売元にもなって います。

なお、自費出版のご用命、お手伝いも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

E-Mailこちらまで

書店さま、あるいは個人さまの直販についてのご注文は、別ページの注文フォームからお申し込み下さい。

 注文フォームへ 


HOME


本ホームページの内容の一部(画像・テキスト)あるいは全部を無断で複製、転載することを禁じます。リンクについては自由ですがご一報下さるようお願い致します。

Copyright (C) 2003〜2016 seigasyobo Allrights reserved.

 E-Mailこちらまで