せいが書房 HOME    SEIGABOOK   青娥書房 図書目録  


新刊と話題の本(内容詳報)


詩の形で綴ったドキュメンタリー!

鈴木共子(すずききょうこ)/著(特別非営利活動法人「いのちのミュージアム」代表理事)

つながれ つながれ いのち

ISBN978-4-7906-0351-1 C0092/A5判・144頁/定価 本体1400円+税 好評発売中   注文フォームへ

 

200112月「危険運転致死傷罪」の成立の原動力となった被害者遺族の母親の心の叫び、揺れながらしなやかに成長してゆく心の模様!悲しみ、どうしようもない怒りから、徐々に立ちあがり、被害者も加害者も生まない世界を目指して生きる姿に感動!

 

全国の小・中・高校の教育現場に出張して行なう「ミニ・生命のメッセージ展」では、犯罪被害者遺族の講演を組み合わせて「いのちの授業」を積極的に進めている。

 

[著者紹介] 1949年生まれ。造形作家。環境破壊、ジェンダー等社会問題をテーマに立体作品を制作発表。特別非営利活動法人「いのちのミュージアム」代表理事。2000年4月、早稲田大学入学直後の一人息子が飲酒、無免許、無車検、無保険の暴走車の犠牲となり失う。加害者の裁かれる刑の余りの軽さに対して、「悪質ドライバーへの量刑の見直し」を求めて、他の遺族たちと共に署名活動を展開。その結果、2001年12月「危険運転致死傷罪」が成立する。

並行して、アートという手段を通して、理不尽に奪われた命の重み、大切さを伝えようと、交通事故、犯罪、いじめによる自殺等の犠牲者の等身大の人型パネルと遺品の靴を展示する「生命(いのち)のメッセージ展」を2001年に企画、その代表を務める。現在、「生命のメッセージ展」は人権、交通安全、命の教育、矯正教育等々多方面に活かされ、全国を巡回開催中。

また命の尊さ、家族の絆の大切さ、交通事故の根絶を問いかける故・田中好子主演映画「0(ゼロ)からの風」のモデルである。

 

阿部典英(あべてんえい)

30年以上にわたり、短期大学、大学、大学院で、助教授、教授として初等教育の図画工作、デザイン、美術教育を担当)

だれにもすぐにも

できるデザイン技法

だれにもすぐにもできる41のデザイン技法を、材料の準備から作りあげる手順まで、親切丁寧に紹介! 子供から大人まで、満足度100%! 生活の中の美術の働き、生活を楽しく豊かにする形や色について、身の周りの素材・材料で工夫して表現する力を引き出します。幼稚園、小・中学校の教育現場ですぐ使える役立つヒントが満載!

 夏休み、冬休みの宿題に大活躍すること間違いなし! 

親子でデザインや造形を楽しむことができるでしょうか。

この本では、従来からある伝統的な技法から、まったく新しい技法も含めてまとめました。親子で生活の中から、デザイン、造形を楽しむ工夫と、身近なもので創ること、表現することの楽しさを味わえるような工夫があふれています。さあ、親子で楽しんでみましょう。

この本は、どの頁、どの技法から始めてもかまいません。楽しそうに思える技法、興味のひかれる技法から、さあ、始めてみましょう。

子供たちにも理解が行き届くよう、慣れない漢字にはルビがふられています。

教育現場の先生方の皆様にも、この本を大いに活用していただきたい。子供たちが夢中になる、よろこぶヒントが満載です。

A5判・144頁/定価 本体1,400 

ISBN978-4-7906-0331-3 C00772017/5

注文フォームへ

中島けいきょう

詩集 嗚呼 無蒸し虫

絵描きが詩をうたうとどうなるか。現代美術で活躍する画家のはじめての詩集。

半世紀にも及ぶ絵画表現の間にも、詩は画家の傍らに常にありつづけていた。画家・中島けいきょう、またその絵画表現を知るうえにも欠かせない、表現の奥に潜むものを明らかにした、興味のつきない詩集である。

46判/128頁/定価 本体1,500

ISBN978-4-7906-0347-4 C00922017/5

注文フォームへ

 

大山 高(帝京大学経済学部専任講師)

Jリーグが追求する

「地域密着型クラブ経営」が

未来にもたらすもの

大学とのパートナーシップで築く日本独自の経営モデル

Jリーグクラブの経営資金問題、アスリート教育の課題……。ドイツ・ブンデスリーガーを手本として歩んできた

Jリーグの23年と、大学との提携をはじめとした、地域密着型経営がもたらす新たな未来を紐解く。

 

 1993年のJリーグの誕生は、それまで企業スポーツだったサッカークラブのプロ化という表面的な事象に留まらず、画期的な施策を随所に盛り込んでいた。チーム名から企業名を排したのもその一つである。また、学校教育とは異なる独自の育成システムを備えたのも日本スポーツに「地域密着型経営」という新しい風を吹き込んだ。

 その誕生から23年目を迎えたJリーグだが、先日には大型のスポンサー契約を発表し世間を驚かせた。2016720日、英パフォーム グループがJリーグの放映権を10年間、約2100億円で獲得したことを発表。2017年シーズンから同社の動画配信サービス「DAZN」(ダ・ゾーン)で、Jリーグの全試合を生中継するという。この契約は、日本スポーツ史上最大規模での契約となった。これによってJリーグは来季からの賞金や分配金の大幅な増額を図るのではないかという噂が流れるなど、景気のいい話が飛び交うようになってきた。

 本書ではその中でも二つの問題に着目した。一つは育成過程における問題点、もう一つは地域密着のあり方だ

 育成過程において、Jリーグは独自のシステムを構築・発展させてきたが、それは同時に地域との共存を如何にして進めるかという問題との取り組みでもあった。教育機関ではないJリーグクラ仮題ブの育成システムが、従来の教育機関である中学校や高校のサッカー部と如何にして住み分けを行うかという点は、今後、優秀な選手を輩出していきたいJリーグクラブにとっては命運を握る問題ともいえる。同時にこの間題はJリーグの基本理念である「地域密着」とも密接に関係している。発足時、10クラブでスタートしたJリーグだが、2016年にはJ1クラブ18J2クラブ22J3クラブ13の合計53クラブにまで規模は拡大しており、Jリーグクラブのない都道府県は9県のみとなっている。今や大半の地域にJリーグクラブが存在しているわけだが、地方自治体や地域経済への「依存」ではなく「共存」の道を探さないことには、Jリーグが目標としている「地域の住民が応援するクラブ」への発展は望むべくもない。そしてこれが実現しないことには、地域におけるスポーツ文化の発信基地になることなど画餅に帰してしまう。

 本書ではJリーグクラブの地域密着という観点から、ドイツのブンデスリーガークラブの現状を随所に織り込み、Jリーグがモデルにした「ドイツ型の地域スポーツクラブ」とは異なる「日本独自の地域密着型クラブ経営」を実現させている大学とのパートナーシップが如何にあるべきかという考察を行っている

B5判・184頁・定価 本体1,800

ISBN978-4-7906-0344-3  C00342016/11) ※品切れ

 

 

日本語を面白く楽しく学ぶための本!

外国人向けのプレゼントとして大いに活用できます!

Nobuko Ishida(石田のぶ子)文/Tamao Uchida(内田玉男)

Let’s enjoy Japanese

日本語を楽しもう!

The Japanese unique expression

which are inimitable for foreign languages

 

B5判・ソフトカバー製/64頁/定価 本体1,000

ISBN978-4-7906-0341-2 C00812016/8

注文フォームへ

本書は外国人向けに編集・制作された本です。

 外国人向けに書かれた「日本語のレッスン」の本は多種ありますが、それらの本とは趣を変えて、本書は外国人(英語圏)に、日本語の独特な言い回しを中心に、日本語の面白さを、その入り口を興味深く案内するものです。

 日本語には世界の言語にも見かけない、擬声語・擬音語とも違う実に独特ユニークな表現があります。それは、そのためもあってイングリッシュには翻訳できないものですが、日本語の表現の幅を広げ、これなしには日本語とは言えないほど、日本語を面白く楽しくしているものです。

 本書は、この日本語の独特な言い回しのいくつかを紹介し、外国人の方々に楽しく日本語に接していただき、日本語理解のそれこそ入り口として、ご活用いただけるよう工夫をいたしました。 

          

 


 

構想40余年、上下巻完結! 源九郎義経の全く新しい像を描ききる長編小説!

光野志のぶ 著

零落す−源義経の決断− 上巻 

――九郎義経は、勢いよく馬に鞭を当てると韮崎方面へと駆けだした。馬上では「黴の生えた律令を捨てさせなければならない。大地は、大地を耕す者の手に渡さなければならない」とぶつぶつ呪文のように唱えていた。

構想40余年、源義経の評価をひっくり返す物語。八百年余を経てようやく描き出された生き生きとした義経像。生い立ちの宿命と格闘しつつ、新しき時代を切り拓かんがため先頭を駆け抜けた義経物語。

5判/400頁/定価 本体2,500

ISBN978-4-7906-0314-6 C00932014/4注文フォームへ

光野志のぶ 著

零落す−源義経の決断− 下巻 

「わが首一つで、鎌倉との大戦が避けられるなら本望だ」九郎の瞳の奥に、河原を走る姫の小さな姿があった。わが首一つではない。妻と姫の三つの首だ。高舘だけの小さな戦で終わらせねばならぬ。九郎は心の内でこの目論見の成功を祈らずにはいられなかった。

薫風を都に残して立ち去った源義経とは何者?「平和のためにはわが身を引くしかない」九郎義経のこの思いはどこから来たのか、そしてどこへ行ったのか? 構想40余年、源の九郎義経の全く新しい像を描ききる長編小説!

A5判/360頁/定価 本体2,500

ISBN978-4-7906-0337-5 C00932016/6注文フォームへ

 

小馬 徹 著  (神奈川大学人文学研究叢書38

文化を折り返す普段着でする人類学

日本文化そのものの斬新でかつ深い理解に役立つ思考と手法!

文化人類学を回転させ新しい視点と展望をもたらす画期的な本!

[内    容]長い間、文化人類学は「異文化の学」を自認して学問形成を遂げてきた。研究者は、自分のものとは異なる文化をもつ社会に長く住み込んで暮らしを共にする参与観察(という独特のフィールドワーク)を行う。こうして土地の人々自身の実感に寄り添う経験に立脚して人間の社会と文化を遥かに見通し、洞察し、その成果を自らの文化に属する人々に理解できる形で届けようとしてきた。

 本書では、この「異文化の学」としての文化人類学の方法的な特質を損なわずに、しかも自らが生まれ育った文化そのものへと視線を折り返す試みをしている。それは、日本文化そのものの斬新で且つ深い理解に役立つ学問へと文化人類学を回転させようとする構想でもあり、この目的に資すると思われる論考を幾本か編んでみた。

[目    次]

まえがき―「自文化の学」としての人類学の眺望

第T部 日本文化の論理発見

1 鷹揚な河童と謹厳なハイエナ―超越的な時間とそれに抗する時間のエージェントたち

2 「オムスビの力」と象徴―象徴的日本民俗論のために

3 「斜め嫌いの日本文化」再考

第U部 飛彈高山の文化人類学の試み

1 「味噌買橋」の渡り方―民俗学と歴史学はいかにして出合えるのか

2 ヒノキからオークへ―日本文化の「斜め嫌い」超克と飛彈高山の経験

第V部 異文化としての自文化の理解

1 幼稚園のトーテミズム―幼い娘のしてくれた構造人類学講義

2 笑い殺す神の論理―笑いの「反記号」論の基底について

あとがき

A5判/320頁/定価本体3,200

ISBN978-4-7906-0338-2 C10392016/3

注文フォームへ


ジェイコブ・J・アコル 著/クリスティーヌ・アコブ 絵/小馬 徹 訳

ライオンの咆哮のとどろく夜の炉辺で

―南スーダン、ディンカの昔話―

平和国家の日本から一番遠い国かもしれない。世界の耳目をひく最も新しい独立国、南スーダン共和国のディンカ族に伝わる昔話。何と豊かな、何とおおらかな昔話だろう。閉塞感に満ちたわが国の風潮に風穴をあける爽快な読み物。「これはとても古いお話だ」で始まる、人と動物と神とが共生する物語。/もともと川の中に住んでいた人間! 牛の仇討ち! ライオンが人や牛に化けて人間とともに住み、そして人間を襲う! 動物たちの騙し合いと友好! 動物青空裁判所! 狐の婿とり! 甲虫の逆襲!……などなど。

天と地が一体化していた時代、ジェネシス(人と万物の始原)に満ちた物語。

46判/192頁/定価 本体1,500

ISBN978-4-7906-0281-1 C00982010/6

注文フォームへ

エイドリアン・フィッシャー&ハワード・ロクストン 著/北村孝一 訳

迷路の秘密図鑑

幼迷路はどのようにして生まれたのだろう…その誕生の秘密に触れる。

迷路はどのように発展してきたのだろう…その発展の歴史を振り返る。

迷路はどの方向へすすんでゆくのだろう…その未来を考える。

迷路の第一人者エイドリアン・フィッシャーが謎解き案内をします。

[目 次]

はじめに/古代の連鎖/抜け出せない道/迷い込む迷路/驚異の現代迷路/解答編/索引

この本は、迷路の秘密を──古代の神話に見出される迷路の起源から、最新の迷路の驚異的な進化まで──徹底的に探求します。

世界中で代表的な、入り組んだ迷路を鮮明な写真や、史料に基づくイラスト、詳細な鳥瞰図で紹介します。読者の皆さんも、自力で取り組み、その通路をたどってみましょう。

迷路の神秘が解けたら、迷路デザインの第一人者エイドリアン・フィッシャーが用意したエキストラ・パズルに挑戦してください。

とるにたらない娯楽なのか、神秘的で深い意味があるのか? 魅力的な史料の宝庫を訪ね、迷路の秘密を自分の眼で解明しましょう。

この本のなかで、読者は、迷路の発展の跡をたどり、そのスピリチュアルなパワーを自ら体験するとともに、迷路を解き明かす能力をテストし、高めることができます。

エイドリアン・フィッシャーは、世界30カ国で500以上の迷路を造り、精力的に迷路に関する著述やテレビ出演を続けています。

この本は、一過性の経験で終わってしまいがちな迷路の楽しみを、その場かぎりにしないさまざまな工夫が随所になされています。本書を利用することで、迷路遊びから成長して、迷路作家も迷路デザイナーも新しく誕生してゆくことでしょう。

B4変型(257257o)96頁/オールカラー/定価 本体3,300

ISBN978-4-7906-0302-3 C06762013/5

注文フォームへ

 

三浦尊明

戒名を自分で付けてもいいですか?

現代の駆け込み寺・つちぼとけの寺

本寿院住職からのメッセージ!

戒名の付け方、供養のあり方、散骨、手元供養、墓じまいなど、仏事とさまざまな生きる悩みに心を込めて応えます。

戒名を 自分で付けて 授かって

 第二の人生を スタートさせよう

46判/192頁/定価 本体1,500

ISBN978-4-7906-0333-7 C00152015/9

※現在品切れ中です。再版検討中。

 


田中英雄 著

東国里山の石神・石仏系譜

ここに紹介した山の石仏の中には、今や信仰する人もなく、登る道もなくなってしまった石仏がずいぶんとある。そのような石仏を後世に残すために、50年、山の石仏を拾い集めた、その集大成である。

山々には数知れない神々。諸仏が祀られてきた。その石神・石仏から日本人の山への信仰を探る大胆な試み。

251枚の写真、東国里山の石神・石仏リストつき。

5判/272頁/定価 本体2,500

ISBN978-4-7906-0323-8 C00392014/8

注文フォームへ

 

前田行貴・語り訳/ヴァールミーキ・作

ラーマーヤナ物語

インドの二大叙事詩の一つである「ラーマーヤナ」は、古代インドの人たちの善意と有理への道の追究の叙事詩である。ラーマー王子の生き方と業績、ならびにその貞淑な妃シーターとの愛情を賛歌し、羅刹王ラーバァナのシーター妃誘拐、それに対して南インドの猿公族の協力を得て、さらに宰相のハヌマーンの大活躍。かくして無事救出。都アヨーディヤ―に凱旋。人間性の複雑な相関関係の中に美しさを見事に謳歌した物語。

前田行貴の在インド45年の賜物。全く新しい試み、語り訳により、一気にわかりやすく、読みやすくなった大叙事詩。インドの真髄がいまここに甦る。ダルマと絆の物語。

5判/384頁/定価 本体3,800

ISBN978-4-7906-0298-9 C00982012/1

注文フォームへ

 

 

 小塩 節 著

樅と欅の木の下で

「樅の木とは、実は私にとってのドイツ、ヨーロッパであり、欅の木は私にとってのすがすがしい日本である」

「どんな木にも、地上のどんな生命にも、それぞれの価値、使命がある。私たち人間もきっとそうなのだろう」と言い切る。この地上にたった一度許されている自分という、小さな生命存在に限りないいとおしみと、そうであるかるからこその厳しさに目を覚まさせてくれる好エッセイ集。

A5判変型判/176頁/定価本体1,600

ISBN978-4-7906-0335-1 C00952015/10

注文フォームへ

  


トミヤマ マチコ 著

ThE・パーソナルカラー

パーソナルカラーとは何か? 色彩効果とは何か?

フォーシーズンの分類範囲を提示。

ビギナーからプロまで、必読の一冊。

テキスト+47色のテストカラー集(携帯用ケース付)

テキストを読み、テストカラーで実習。

色彩技能パーソナルカラー検定 モジュール3公式テキスト

モジュール1・2、実習用テストカラーとしても最適。

B5判/箱入り/定価 本体6,000

ISBN978-4-7906-0320-7 C00772014/10

注文フォームへ

フェイバー・ビレン 著/佐藤邦夫

好きな色嫌いな色の性格判断テスト 2

好きな色嫌いな色でズバリ判断できる自分と他人の性格

ビレン氏は「職業や結婚相手や友人を選ぶ前に、色彩が啓示する自分や他人の性格についてよく学んでほしい」と説く。

12色、132項目の色彩診断テストがあなたの心の内部を照らしだし、冷静な人間観察眼を育ててくれる。

A5判/192頁/定価 本体2,300

ISBN978-4-7906-0267-5 C00702015/5

注文フォームへ


HOMEBACK(目録もくじ)NEXT芸術書/色彩・デザイン


本ホームページの内容の一部(画像・テキスト)あるいは全部を無断で複製、転載することを禁じます。リンクについては自由ですがご一報下さるようお願い致します。

Copyright (C) 2003〜2017 seigasyobo All rights reserved.

 E-Mailこちらまで