【本書をもっと詳しく知りたい人に】⇒【本書が紹介された主な書評記事・解説】

 海の『守り人』論―徹底検証・漁業権と地先権

浜本幸生監修・著、対談[ケビン・ショート、熊本一規、水口憲哉]

発行●まな出版企画 03-3319-3127   発売●れんが書房新社 03-3358-7531

定価●本体価格4369円+税 ISBN4-944114-02-8 C0062 Y4369E

発行●1996年8月18日 装丁●A5判上製本・カバー付き 頁数●480頁

目次/内容

 

第1編 「漁業権ってなんだろう?」


【1】浜本幸生の漁業権教室……浜本幸生(元・水産庁漁業法・漁業権担当官)


第一講 漁業権への誤解を解こう
第二講 漁業権の歴史と性格
第三講 現行漁業法と漁業権について
第四講 漁協合併と漁業権
第五講 規制緩和と漁業法
第六講 資源の保護と規制の意味
第七講 「われわれの海」と共同漁業権
第八講 「物権とみなす」とは何だろう?
第九講 補償は損害の賠償である
第十講 海の利用と「地先権」の主張


【2】事例レポート・漁業権を知る……中島 満(フリーライター)


はじめに[漁業権をとおして見る眼]


事例@ 漁業権の力[ゴルフ場開発への逆襲]―岩手県種市町
事例A 復活漁業権[補償済み海面の不思議な性格]―千葉県富津町
事例B 元祖漁業権[ハゼ釣りの共同漁業権]―京都府久美浜湾


【3】事例レポート・慣習の力……田中克哲(漁業・漁村振興コンサルタント)


事例C 慣習とはなんだろう[海面管理の慣習と利用料徴収の実例]―静岡県伊豆半島
事例D 歴史的判決[慣習が利用料徴収の法的根拠]―ダイビングスポット裁判 


【3】事例レポート・イノーの世界……上田不二夫(沖縄大学教授)


事例E 総有の意味[サンゴ礁の漁業権と海の利用]―沖縄の海

 


第2編 浜本対談「漁業権をいかす」


【1】海はだれのものだろうか―
総有の創造をテーマに……vs・熊本一規(明治学院大学教授)


 l 海の権利はいつからあるのか
 2 共同漁業権はだれのものだるうか
 3 法第八条と海の入会権
 4 「われわれの海」を考える
 5 総有の創造にとりくむ時代がきた


【2】漁師は海のMORIBITOだ―
海の管理を考える……vs・ケビンショート(ナチュラリスト)

 

 1 日本の漁業権制度を知る
 2 欧米の資源管理思想とは
 3 海のMORIBITO構想
 4 地先権を主張しよう
 5 漁業権管理への期待を裏切らないで


【3】共同漁業権をもっと活かそう―
漁業権と資源管理……vs・水口憲哉(東京水産大学助教授)

 

 1 浜本教室で漁業権を学ぶ
 2 多数決議決と全員一致の意味
 3 法第一条の意味
 4 東と西の新しい動きに注目
 5 漁業権を活かす時代がきた
 6 漁業権から環境問題を読む
 7 資源管理と漁業権の役割
 8 前浜の管理という原点に戻る

 


第3編 我妻栄「鑑定書」総有説

 

【1】解題―我妻栄「鑑定書」と総有説……浜本幸生


 1 我妻栄先生に説明した各地の漁業組合における漁業補償金の配分の実例
 2 共同漁業権が放棄されて補償金に変じたときには、その補償金は共同漁業権の総有的帰属主体である「実在的総合人」に一体として帰属する
 3 漁業協同組合は、「水産業協同組合法」によって規律される「法人たる漁業協同組合」と、「慣行」によって規律される「実在的総合人たる漁業協同組合」との三重の性格を有する
 4 共同漁業権は、水産業協同組合法による協同組合に属する場合にも、その実質的な関係は、組合の構成員となっている漁民が各自その内容を実現し(漁業を営み)、組合はその漁業権を管理する(漁業経営一般に必要な施設をなし、各漁民の漁業を監視・調整し、第三者との折衝をなすなどの)関係である
 5 「我妻栄鑑定書」の理論に準拠した判例(「総有説)
 6 「社員権説」の最高裁判所平成元年7月13日判決
 7 最高裁は、「我妻栄鑑定書」を熟読し、平成元年7月13日判決を変更すべきである


【U】鑑定書……我妻栄


 設問1―漁業法に定める共同漁業権が水協法による協同組合に帰属する場合の法律的性質をいかに解すべきか

 

 設問2―共同漁業権の協同組合に帰属する関係が総有的帰属関係だとするときは、漁業権が適法に放棄されて補償金と変じた場合に、この補償金の組合に帰属する関係はどのような性質であるのか

 

 設問3―組合に帰属する共同漁業権の放棄(消滅)に対する補償金はいかなる性質を有するものであり、その基準はいかに定められるものであるか。補償金が組合に対して一括して与えられた場合にそれを配分する基準と手続きとはいかに定めるべきものか

 

 設問4―総有関係は、その存立の物的基礎を失った場合に、いかなる法律的地位を取得するものであるか。とりわけその物的基礎の喪失に伴って、代償物として金銭を取得したような場合に、それに対する法律関係はいかなるものであるか


資料編

 

 1 「漁業制度の改革」(水産庁経済課編)=@共同漁業権の本質 A各自漁業を営む権利 B法的性質1物権
 2 農林水産省事務次官通達・水産庁長官通達他=@漁業協同組合合併助成法の一部を改正する法律の施行について A漁業協同組合合併助成法の一部を改正する法律の施行についての留意事項について B漁業権の適正な管理・行使及び漁業補償問題への適切な対応について C農林省が行う干拓事業と漁場計画との調整について
 3 「風成の女たち」(松下竜一著)―[訴訟へ/漁業権とは]


●あとがきにかえて―漁業権を守り海を守る人びと……水口憲哉


●事項索引 ●地名索引

MANABOOKTOP 【本書が紹介された主な書評記事・解説】▼      HOME

最新・漁業権読本漁業崩壊▼公共事業はどこが間違っているのか?▼ 

共同漁業権論▼ |有明海▼海の『守り人』論

SendMail:here