まなライブラリー

雑魚古典テキスト抄訳 001

狩谷エキ齊

箋注倭名類聚抄

せん ちゅう わ みょう るい じゅ しょう

巻第八 その6

明治16年印刷局刊版・国会図書館蔵10巻本より

〔125-219〕

その6(125-131)〔125〕虫|〔126〕虵|〔127〕[元]虵|〔128〕[冉]虵|〔129〕蠎虵| 〔130〕蝮|〔131〕蝘蜓|…中略…|〔145〕蛍|…中略…|〔180〕蚯蚓|…中略…|〔182〕蝦蟆{科斗附}|〔183〕青蝦蟇|〔184〕K蝦蟇|〔185〕蛙黽|〔186〕蟾蜍|〔187〕蜘蛛|…中略…|蟲體百十三|〔213〕蟠|〔214〕蚑行|〔215〕蠢動|〔216〕螫|〔217〕蛻{虵蛻附}|〔218〕蟄|〔219〕化

テキスト・現代語訳・注 by MANA:なかじま・みつる


和名・一次名称・俗称別引用文献・参考文献引用文中の古書名注引用文中の人名注編者凡例


目次

MANA抄訳に当たってMANA簡約凡例 ||||| 凡例校例提要参訂諸本目録倭名類聚抄總目倭名類聚鈔序巻第八その1(1-20)(1)龍〔2〕[叫(口→虫)]龍〔3〕螭龍〔4〕蛟〔5〕魚〔6〕鯨鯢〔7〕[孚][布]〔8〕鰐〔9〕鮝魚 | 〔10〕人魚〔11〕鮪|〔12〕鰹魚|〔13〕[乞]魚〔14〕 鮫〔15〕[宣]魚〔16〕鰩〔17〕鯛〔18〕尨魚〔19〕海[即]〔20〕王餘魚その2(21-40)〔21〕[唐]魚〔22〕[魚+椶−木]〔23〕梳齒魚〔24〕針魚〔25〕鱏魚〔26〕鱣魚〔27〕蝦〔28〕騰(馬→魚)〔29〕[喿]〔30〕[]〔31〕[番]魚〔32〕鯆魚〔33〕[夸]〔34〕鰯〔35〕鯔〔36〕[馬]〔37〕鱧魚〔38〕[制]魚|〔39〕[反]魚|〔40〕[侯][頤−頁]魚その3(41-63)〔41〕鰻[麗]魚〔42〕韶陽魚〔43〕[生]魚〔44〕鯉魚〔45〕鮒〔46〕[蚤]〔47〕[時]〔48〕鱸〔49〕[完]〔50〕鱒〔51〕[免]〔52〕鯰〔53〕[頤−頁]〔54〕[庸]|〔55〕[囘(巳→又)]魚=[罔]魚|〔56〕[厥]魚〔57〕鮎〔58〕[是]魚〔59〕鮠〔60〕[末]〔61〕[白]魚〔62〕[小]〔63〕細魚

 |||その4(64〜72)その5(73-115)その5-2(116-124)その6(125-212)〔125〕虫

狩谷エキ斎著『和名抄引書』|


箋注倭名類聚抄巻第八

エキ齊狩谷望之著

 

その6 〔125-131〕(54丁裏〜58丁裏)

龍魚部第十八  龜貝部第十九  虫豸部第二十

蟲名百十ニ

 

 

蟲豸部第二十

  蟲名百十二  蟲體百十三

蟲名百十二

〔125〕  爾雅云、有足曰蟲、{直弓反、}{○廣本 は「除忠反」に作る。字は異なれども音は同じである。エキ齊按う。「直弓」は『廣韻』の記述と合う。『玉篇』は「除中切」に作る。}

 

読み下し蟲 爾雅は云う。 足有るを蟲と曰う。{直久反。} 箋注原文テキスト:真名真魚字典 :蟲(虫ヘン0画)

〔注〕(125-1) 【爾雅】(「爾雅注疏十一巻」TDB)巻第九:釈蟲第十五【疏】{案、説文蟲者倮毛羽鱗介之總称也。此篇、廣釋諸蟲之名状故曰釋蟲。}/…中略…/有足謂之蟲。無足謂之豸。【疏】{此対文爾、散言則無足亦曰蟲。月令、春曰其蟲鱗、鄭注云、龍蛇之属是也。}125-2)。 【倭名類聚鈔】(那波道圓本)蟲豸類第二百四十/蟲: 爾雅云有足謂之蟲{除忠反}無足謂之豸{池爾反上聲之重}唐韻云虫{與蟲通用和名無之}鱗介ハ名也。(125-3) 廣韻:【廣韻】(五巻・張氏重刊宋本廣韻TDB)@上平聲巻第一:{徳紅}東第一{独用}:一○東{徳紅切。十七}…○蟲{爾雅曰、有足曰蟲、無足曰豸。又姓、漢功臣表有曲成侯蟲達。直弓切。七}。(125-4) 玉篇:【玉篇】(大廣益会玉篇三十巻・張氏重刊宋本玉篇)(TDB):蟲部第四百三:蟲{除中切。有足曰蟲、無足曰豸。}

 

 

  無足曰豸{池爾反、上聲之重、}{○那波本 の二つの「曰」は、いずれも「謂之」に作る。原書の『爾雅』釋蟲の記述と合う。エキ齊按う。『廣韻』は、爾雅を引き、亦た「曰」に作っているのは、之れ(順抄文)と同 じである。蓋し、源君は『廣韵』に従い之れを引用したのであろう。那波本の「謂之」は、原書(『爾雅』)によって校改したのであろう。エキ齊按う。(豸の反切上字)「池 」は(三十六字母)「澄母舌音」「定母之軽」に属している。之れを「重」ということは、未詳である。}

 

読み下し蟲 爾雅は云う。 足有るを蟲と曰う。直久反。/足無きを豸と曰う。{池爾反。上聲の重。} 箋注原文テキスト:真名真魚字典 :蟲(虫ヘン0画)

〔注〕(125-5)。豸:【廣韻】(五巻・張氏重刊宋本廣韻TDB)上聲巻第三:四○紙{諸氏切。十六}…○豸{蟲豸、爾雅云、有足曰蟲、無足曰豸。説文云、獣長脊’行豸豸然欲有所伺殺形。池爾切。十二}【参考】池:廣韻上平聲巻第一:五○支{章移切。二十九}…○馳{直離切。十四}池{停水曰池、廣雅曰沼也、…以下略125-6) 「定母之軽」エキ齊の云う意味が不詳。要検討。

 

 

  唐韵云、虫{與蟲通用、和名无之、}鱗介惣名也、{○『廣韻 』は同じである。音は「許偉反」であり、(『廣韻』上聲巻第三)尾第七に属している。エキ齊按う。『説文』は、「蟲有足謂之蟲、無足謂之豸、」と云う。除の音、「直弓 」の反切である。又、「虫一名蝮、博三寸、首大如擘指、」と云う。除の音、「許偉」の反切である。此にいう「蟲」と「虫」の二字は同義字ではないが、また、「蟲」字は或は省 略して「虫」にも作る。『漢碑』「唐扶頌」は、「徳は草虫に及ぶ」と云う。『干禄字書』は、「虫蟲上俗下正』という。是れなり。遂に、蝮虫字とも異ることなく、然り、其義 は、音によって之れを分かつべし。『廣韻』の「鱗介總名」と訓じ、七尾小韻に属すとした「虫」の字義と、是にいう蟲の略字「虫」の字義とは異なるものである。源君は、七尾 韻に収まる虫の字を挙げ、「蟲」と通用するとしたことは、亦た是れ『廣韻』の真義を誤って記してしまったのである。}

 

読み下し蟲 爾雅は云う。 足有るを蟲と曰う。{直久反。}/足無きを豸と曰う。{池爾反。上聲の重。}/唐韵は云う。虫。{蟲と通用す。和名、无之(ムシ)。}鱗介惣名なり。 箋注原文テキスト:真名真魚字典 :蟲(虫ヘン0画)

〔注〕(125-7) 七尾:上聲第七の尾(ビ)小韻:廣韻上聲巻第三:七○尾{無匪切。八}…○虺{蛇虺。許偉切。五}虫{鱗介ハ名。}125-8) 干禄字書:古書注参照。【干禄字書(文化14年須原屋茂兵衛等版):10丁裏:上聲:前略…虫蟲{竝上俗下正}(125-9)。(125-2)。 (125-3)。(125-4

干禄字書(WLDB)上聲(10丁裏)

 

 

 

 

〔126〕虵

〔127〕[元]虵

〔128〕[冉]虵

〔129〕蠎虵

〔130〕蝮

〔131〕蝘蜓

…中略…

〔145〕蛍

…中略…

〔180〕蚯蚓

…中略…

〔182〕蝦蟆{科斗附}

〔183〕青蝦蟇

〔184〕K蝦蟇

〔185〕蛙黽

〔186〕蟾蜍

〔187〕蜘蛛

…中略…

 

蟲體百十三

〔213〕蟠

〔214〕蚑行

〔215〕蠢動

〔216〕螫

〔217〕蛻{虵蛻附}

〔218〕蟄

〔219〕化

箋注倭名類聚抄巻第八{終}

 

以下未整理。

 

和名・一次名称・俗称別引用文献・参考文献引用文中の古書名注引用文中の人名注編者凡例


 

HOME  海TOP   雑魚蔵書録TOP  真名真魚字典

 

投稿・ご意見はこちらへ

copyright 2002〜2010,manabook-m.nakajima